沿革


明治33年

栃木県那須郡川西町(現在の大田原市黒羽向町425)にて「製粉・製麺業として創業。初代・大西常吉が「乾麺」を手がける。

明治37年

日露戦争で一時家業が中断。

昭和21年

終戦後二代目・大西正寿が「生中華麺」の製造を開始。

昭和28年

三代目・大西良衛が引き継ぎ「焼そば・ゆでうどん」の製造を開始。近隣市町村の食堂や料理屋への卸開始。

昭和54年11月

「有限会社大西製麺」を設立。代表取締役に大西良衛が就任。

昭和55年5月

新工場完成。大田原市大豆田266-2へ敷地面積2,000㎡、床面積400㎡の近代的な工場が完成。営業範囲を県北部全域に拡大。昭和56年6月宇都宮市簗瀬町に「宇都宮営業所」開設。県全域に営業範囲を拡大。

昭和60年10月

工場増築工事。床面積を約200㎡増築。オートメーションライン増強。

昭和61年5月

「宇都宮営業所」を御幸町へ拡張移転。

平成2年12月

「株式会社オニックスジャパン」(本社・宇都宮)を設立。代表取締役に大西盛明が就任。

平成3年4月

「大西製麺創業90周年」と「株式会社オニックスジャパン」の設立記念式典を宇都宮で開催。

平成3年5月

大西製麺より営業販売部門が分離独立。「株式会社オニックスジャパン」としてスタート。

平成6年8月

新本社、社屋完成。(宇都宮市御幸本町4880-77)さらに営業を強化。企画開発部門を新たに設ける。

平成7年5月

新工場完成(大田原市)。鉄骨2階建て、延床面積1,685㎡。さらに衛生管理・品質管理を強化。

平成7年10月

新工場落成記念式典を大田原市で開催。

平成12年4月

創業100年記念キャンペーンを実施。

平成15年11月

外食事業部三汁七菜天毬(懐石料理)を開店。(宇都宮市一ノ沢町276-8)

平成20年10月

新事業所「宇都宮デポ」を宇都宮市中里町677-8に開設。10月27日より営業及び配送、事務業務を移転。

平成21年9月

宇都宮市中里町6778に本社を移転登記。

平成22年5月

外食事業部釜揚げうどん笙家(しょうや)を開店。

平成23年10月

創業110周年記念お客様感謝キャンペーンを実施。

平成25年

地域貢献として「第1回麺ちゃん祭」を開催。 地元を中心に2000人を超えるお客様にご来場いただく。

平成30年

本社に新商品開発に資する「研究開発室」開設

令和2年

本社に新技術・テクノロジーの検証をする「研究開発棟」竣工

令和2年

コロナ禍で社会の要請に応える新サービス「社食DERIめん」開始